眼科メイン画像

診療科・部門紹介眼科

眼科のご案内

診療曜日休診のお知らせ当科の特色医師・スタッフ紹介認定施設・専門医

診療曜日

午前 岡本
冨岡
岡本
大房
大房
冨岡
岡本
冨岡
大房
冨岡
交代制(第1.3)
午後 手術 特殊外来
(予約)
手術 特殊外来
(予約)
大房

受付時間 (月火水木金  8:30〜11:00、 土  8:30〜10:00)

※電話での予約変更(平日)14:00〜16:00

休診のお知らせはこちらをご覧ください

 

当科の特色

ドライアイ、ものもらい、結膜炎などの日常生活で罹患する疾患をはじめ、白内障、緑内障、糖尿病網膜症といった慢性疾患、また、裂孔原性網膜剥離や網膜中心動脈閉塞症のような急性疾患など、ほとんどの疾患に対応しています。

手術は、入院手術と日帰り手術の両方に対応しています。最先端の機材を導入しており、筑波大学附属病院や近隣病院,開業の先生方とも連携をとることで、考え得るベストの診療をおこなっています。専門的治療および精密検査をご希望の方は、ぜひご相談下さい。

対応疾患

ドライアイ、ものもらい(麦粒腫、霰粒腫)、睫毛乱生、睫毛内反、眼瞼下垂、斜視、弱視、結膜炎、(アレルギー性、細菌性)、翼状片、白内障、緑内障、ぶどう膜炎、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性、(裂孔原性)網膜剥離、黄斑前膜、黄斑円孔、網膜下出血など

検査について

近年は医療技術の向上により、視力の維持だけではなく、見え方の質(Quality of Vision)への関心も高まっています。視機能には一般的な視力だけではなく、変視(歪み)、立体視、視野 、色覚など様々なものがあります。「視力検査の結果はいいのだけれども、なんとなく見えにくい」、センターラインや障子の桟が歪んで見える」など…、このような症状の評価も当院では新しい検査を導入し、Quality of Visionの評価を積極的に行っています。

導入検査

  • M-CHARTS®︎
  • New Aniseikonia Test

網膜疾患は多岐にわたりますが、種々の網膜検査にて的確な診断が可能です。

導入機器

  • 眼底カメラ(眼底自発蛍光:FAF)
  • 網膜光干渉断層計(OCT)
  • OCT-Angiography

 

手術について

最新鋭の機材を導入し、安全かつ迅速な手術を行うことが可能となっています。

患者さまの早期の社会復帰をめざして、白内障日帰り手術、硝子体日帰り手術をはじめ、できる限り早期に退院できるよう努めています。

導入機器

  • 白内障・硝子体手術装置 コンステレーション®︎ビジョンシステム
  • 眼底観察システム Resight®︎(700)

 

硝子体注射について

加齢黄斑変性の治療からはじまった抗 VEGF 薬硝子体注射は、現在多くの疾患に適応が拡大しています。治療効果には限界もありますが、手術よりも比較的安全に効果が得られることから治療の第一選択になりつつあります。当院では、適応のある患者さまと治療方針を相談の上、最適な治療法を選択しています。

抗 VEGF 薬注射の適応疾患

加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、近視性黄斑症、糖尿病黄斑浮腫

導入薬剤

  • ルセンティス®︎
  • アイリーア®︎
  • べオビュ®︎

 

医師、スタッフ紹介

 

役職 氏名
部長 筑波大学講師 岡本 芳史
科長 大房 理恵

 

岡本 芳史(おかもと よしふみ)

  • 博士(医学)
  • 日本眼科学会認定眼科専門医
  • 眼科PDT認定医

大房 理恵(おおふさ りえ)

  • 日本眼科学会認定眼科専門医

認定施設・専門医

認定施設

  • 日本眼科学会臨床研修施設

指導医・専門医

  • 日本眼科学会認定指導医 1名(岡本)
  • 日本眼科学会認定専門医 2名(岡本・大房)

 

ページトップボタン