スポーツ整形外科メイン画像

診療科・部門紹介スポーツ整形外科

スポーツ整形外科

診療曜日休診のお知らせ医師・スタッフ紹介主な診断・治療手技、手術等診療実績認定施設・専門医| 鍼灸スポーツマッサージ(リハビリテーション科)

スポーツ整形外科よりお知らせ

他院からの紹介状や画像診断検査情報をお持ちの方は、ご用意くださいます様お願いいたします。

診療曜日

午前 平野 小川(第1)
万本(第3)
辰村(第1)
江藤(第3)
新患担当
新患担当
午後 平野
万本
小川
辰村
江藤
岩渕(新患)
小川
万本
江藤

休診のお知らせはこちらをご覧ください

医師、スタッフ紹介

役職 氏名
センター長 平野 篤
筑波大学整形外科准教授 万本 健生
筑波大学整形外科准教授 小川 健
筑波大学整形外科講師 辰村 正紀
医師 江藤 文彦
医師 岩渕 翔
医師 小方 陽介
医師 平林 匠
医師 中島 俊

主な診断・治療手技、手術等

1. サッカー・下肢スポーツ外来 (平野センター長、万本准教授:月曜日午後・木曜日午後)

サッカー・バスケットボール・バレーボールを中心に下肢のスポーツ傷害の専門診療を行っています。よくみられる傷害としては、膝前十字靱帯損傷、膝前十字靭帯損傷、膝後十字靭帯損傷、膝内側・外側側副靭帯損傷、膝半月板損傷、膝蓋骨脱臼、脛骨疲労骨折などです。

 

膝前十字靱帯損傷

膝前十字靱帯は、サッカーやバスケットボール、スキーなどで損傷することが多く、損傷すると膝関節の不安定性が生じます。この靭帯はいったん断裂すると修復・治癒することがほとんどないため、靭帯再建術が行われることが多く、当院では半腱様筋腱(太ももの裏の筋肉、ハムストリングの一部)を採取し、これを利用した2重束再建と呼ばれる方法で手術を行っています。関節鏡視下での靱帯再建術の手術成績は安定しており、約6ヶ月での競技復帰を目指します。

前十字靱帯断裂に対する靭帯再建術

 

膝後十字靭帯損傷

膝後十字靭帯損傷は、サッカー、ラグビーなどの、体のぶつかり合いがあるスポーツで前方からの衝撃を受けて受傷するほか、交通事故の衝突時に、ダッシュボードに膝を打ち付けたり、膝を深く曲げて後十字靭帯損傷の緊張した状態でさらに外力が加わると断裂したりします。

後十字靭帯損傷の治療については、積極的なリハビリテーションを含めて、保存的な治療がよいとされますが、程度のひどい場合、あるいは他の靭帯などを含めた合併損傷(複合靭帯損傷)のある場合には、関節鏡下に後十字靭帯再建術を行っています。

 

膝内側・外側側副靭帯損傷

膝内・外側側副靱帯は、膝の内側と外側にある靱帯で、関節の横ぶれを防ぐ役目をしています。この損傷は内側に多く、サッカー、スキーなどで膝が外側に曲げられた時におこります。

この靱帯が損傷すると、痛みとともに側方への動揺性を生じます。軽症のものでは、半月損傷がないことを確認し、積極的にスポーツ選手向けのリハビリテーションを行い、早期復帰を目指します。複合靭帯損傷例あるいは陳旧例では、靱帯再建術を行っています。

 

半月損傷

半月板は大腿骨と脛骨の間にあり、荷重面積を大きくし、膝を安定させる役割を持っています。前十字靭帯などとに同時にいためることも多く、膝の痛みの原因となることがあります。

手術が必要な場合には関節鏡視下手術を施行しております。手術法は縫合術と部分切除術です。スポーツ選手向けのリハビリテーションを行い、約2ヶ月でのスポーツ復帰を目指します。

 

疲労骨折

スポーツによる疲労骨折は部位によっては治りづらく、手術を要することもあります。第五中足骨疲労骨折(足の小指の骨の疲労骨折、ジョーンズ骨折)や脛骨疲労骨折(脛の骨)が多く、症状がなかなか改善せず、スポーツ復帰が困難となる方が非常に多く見られます。当院では必要があれば手術や超音波骨折治療器を導入し、より早期の復帰を目指します。

第5中足骨疲労骨折に対する手術

 

足関節捻挫

足首の捻挫もスポーツ選手に多く見られるケガです。足首の捻挫は痛み、関節可動域の低下、筋力低下だけでなく立位でのバランス能力低下を引き起こします。

早期よりの積極的なスポーツ選手向けのリハビリテーションを行い、不安定板やマットを利用したバランストレーニングを行っています。またテーピング指導や足の形を整えるインソールの作成を行い捻挫の予防にも努めています。

 

鼠径周辺部痛症候群(グローインペイン)

サッカー選手に多い鼠径周辺部の痛みです。以前はスポーツヘルニアとも呼ばれていました。一般的には休んでいるだけでは治癒せず、非常に治療期間のかかる障害です。内転筋の緊張が強い場合が多く、これらのマッサージ、バランストレーニング、ストレッチング、股関節外転筋力の強化などの総合的なリハビリテーションが必要です。

 

2. 上肢スポーツ外来

肩関節鏡手術からTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷や野球肘(上腕骨小頭離断性骨軟骨炎・内側側副靱帯損傷など)最近では、胸郭出口症候群がトピックです。リハビリを中心とした保存治療から、難治性の場合は積極的に手術治療も行っています。

投球肩障害

肩関節唇損傷:SLAP損傷                                                  反復性肩関節脱臼:                                                         Bankart法(関節鏡下肩関節唇形成術)                                            Latarjet法(関節形成術)

TFCC損傷

関節鏡下TFCC切除・縫合術                                                 尺骨短縮術

 

上腕骨小頭離断性骨軟骨炎(OCD)

骨軟骨移植(膝軟骨・肋軟骨)                                                骨釘移植                                                          関節鏡下デブリドメント

内側側副靱帯損傷

内側側副靱帯再建術

 

胸郭出口症候群

第一肋骨切除術(関節鏡アシスト)

以上のように、幅広い疾患に対応できるようになってきています。

診療実績

※手術実績の詳細はこちらからご確認下さい。

2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
件数 617 830 1027 1005 1171 1309 1296 1337 1458

 

認定施設・専門医

認定施設

  • 日本整形外科学会臨床研修施設
  • 脊椎脊髄外科専門医基幹研修施設
  • 茨城県県央スポーツセンター
  • 日本手外科学会研修施設

専門医

  • 日本整形外科専門医(6名)
  • 日本リウマチ学会専門医(1名)
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医(3名)
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医(3名)
  • 日本手外科学会認定手外科専門医(1名)
  • 日本体育協会公認スポーツドクター(4名)
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医(3名)
  • 日本整形外科学会運動器リハビリテーション医(3名)

ページトップボタン