内分泌代謝・糖尿病内科プログラムメイン画像

医療関係者の方へ内分泌代謝・糖尿病内科プログラム

プログラム責任者

野牛 宏晃

習得可能な専門医

  • 糖尿病専門医
  • 内分泌代謝専門医
  • 動脈硬化専門医

プログラム期間

3年間

プログラムの特徴

内分泌代謝・糖尿病内科は、総合診療科と連携しながら糖尿病専門医、内分泌代謝専門医の育成を行っています。当院は日本糖尿病学会及び日本内分泌学会の認定教育施設であり、それぞれの学会が定めるカリキュラムに則った臨床研修を当科で受けることにより、糖尿病専門医、内分泌代謝専門医の習得が可能です。

研修期間は原則3年以上です。1年目は入院患者の診療を中心として、疾患に関する基礎的知識、診療技能の獲得を目指します。2年目以降には、初診外来、専門外来も担当し、入院患者を通して得た知識・経験を活かし、日常生活における疾患の管理、治療について学びます。当施設は地域の機関病院であり、1型及び2型糖尿病、発症初期~様々な合併症を有する糖尿病、稀な内分泌疾患などを経験することができます。また、1年目から積極的に学会発表をするよう指導しており、専門医習得のため学会発表要綱を早期から満たすことが可能です。

筑波大学 内分泌代謝・糖尿病内科との密な連携により、基礎研究を行うことも可能です。

経験可能な疾患

1型糖尿病 (Insulin pump)、2型糖尿病、2次性糖尿病、妊娠糖尿病、糖尿病性ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧症候群、肥満症、脂質異常症(家族性高コレステロール血症など)、下垂体疾患(機能性及び非機能性下垂体腺腫、ラトケのう胞、下垂体機能低下症、中枢性尿崩症など)、甲状腺疾患(Basedow病、橋本病、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、甲状腺クリ-ゼ、腫瘍)、副甲状腺疾患(原発性副甲状腺機能亢進症、原発性副甲状腺機能機能低下症)、副腎疾患(非機能性腺腫、原発性アルドステロン症、Cushing症候群、AIMAH,21水酸化酵素欠損症など)、性腺疾患(Klinefelter症候群、Turner症候群)、電解質異常

ページトップボタン