卒後臨床研修メイン画像

医療関係者の方へ卒後臨床研修


「標準的」でありながら「傑出している」ということ。

それは提供できる診療の質。

それは診療できる領域の広さ。

それは教育・研修の環境。

世界的にみても標準的な医療を、日本での日常的な診療に応用できる。
専門科の垣根を超えて、患者さんに必要な医療、患者さんが求める医療を適正に提供できる。
ベッドサイド学習を中心にして、標準的な医学・医療知識および診察・治療スキルの習得ができる。

高齢化し、複数の疾患が複雑に絡み合う患者さんを、専門科の垣根を超えて、ほんとうの意味で総合的に診ることができる。
あたりまえのことを、あたりまえに行うということは、実はとても困難です。
 

我々が日々行っている診療・教育そのものであり、至上命題です。

世界最強、国内初の全内科統合システム「水戸協同方式」で圧倒的な総合力を身につける

 

ページトップボタン