総合内科(基幹型)専門研修プログラムメイン画像

医療関係者の方へ総合内科(基幹型)専門研修プログラム

日本内科学会教育施設認定

プログラムの特徴

 初期研修で培った総合診療能力をさらに深めていく、内科 専門医取得のためのプログラムです。診療科間の垣根のない 総合診療体制で、疾患にかかわらず主担当医として入院から 退院〈初診・入院~退院・通院〉まで可能な範囲で経時的に、 診断・治療の流れを通じて一人一人の患者の全身状態、社会 的背景・療養環境調整をも包括する全人的医療を実践します。
 また、筑波大学附属病院水戸地域医療教育センターを設置 し、民間病院の中に国立大学の教育システムを導入して、筑 波大学の教員である医師が共同で診療・教育を行っています。

プログラム責任者

  • 統括責任者:佐藤浩昭
  • 指導責任者:小林裕幸

※ 2年目以降に計1年間の連携施設での研修が必修です。

※ 研修の達成状況によりサブスペシャルティ領域に重点を置いた研修にも応じます。

※ 研修期間は最短3年間ですが、研修の達成状況により1年単位で延長の可能性もあります。

※ 整形外科・スポーツ整形外科、耳鼻咽喉科、皮膚科、集中治療科、病理など他科研修も人気です。

※ 新しい内科専門医制度(平成29年度開始)では、連携施設外での研修や海外研修、内科以外の研修は研修期間と して認められないため、研修期間を延長して対応します。

連携施設

  • 筑波大学附属病院
  • 茨城県立中央病院
  • 水戸医療センター
  • 水戸済生会総合病院
  • 茨城西南医療センター病院
  • 島根大学医学部附属病院
  • 県北医療センター高萩協同病院

その他の院外研修先(実績)

  • 国立国際医療研究センター血液内科
  • 獨協医科大学救急科
  • 東京ベイ浦安市川医療センター
  • シンガポール国立大学病院
  • ハワイ大学
  • ネバダ大学

ページトップボタン